きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上海@ 往路 - 「妻ふり」を観る

<<   作成日時 : 2018/10/20 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
前日に急遽決めた出張。前職同期の友達が第二の職場として勤めている旅行代理店でチケット手配。勤務先がメインで使っている大手○○Sとは比べるのも失礼なくらい小回りの効いたサービスで、今のところちょっと離れられない。

JALは満席でANA。0969便は予定から30分ほど遅れて離陸。飛行時間は約3時間なので、楽しみな映画鑑賞は一本限定。

なんとなく「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」を選んで見始める。

で、初めの15分ほどは、「ぇ、ゲテモノか…」と。1分おきに違う形のコミカルな死に方が続き、しばらくすると色んなものへの変装シーン。おやおや...、結構豪華な主演俳優さんたちなのに…、。

でも途中からとても引き込まれて、観おえてみればほのぼのとした気持ちに。若干の不自然さやモヤモヤ感は残りつつも、70%のハッピーエンド。「関係のあり方」について、考えさせられる感じ。いい映画でした。

「ねぇじゅんさん、どうして私が死んだふりをしていたか…わかりますか?」 これに続く約1分間の映像がとても印象に残る。夫が正しい答えを話したのか、もわからない。映画を観ている側はどう考えるのか…。

僕はわからなかったなぁ。

メインのストーリーはしっかり存在しながらも、その他の細かなエピソードも散りばめられた展開。整理する必要はないけれど、映画のテーマは「夫婦って…」、みたいなことかな。

「月が綺麗ですね〜」、か…。

よく構成された流れの映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上海@ 往路 - 「妻ふり」を観る きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる