きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 腱板断裂の記録@ - やっぱり、の...

<<   作成日時 : 2018/11/05 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

振替休暇の朝。

すごく待つという評判の地元の整形外科へ。診療開始9時のところ8時前着。一番乗り。次々と到着する患者さんの年齢層はかなり高め。みなさん、診療ではなく「リハビリ」という名の調整にお越しになられている様子。

院長先生に経緯を説明すると、左腕を掴まれていくつかの動き。腕が特定のポジションに行くと激痛。「腱板断裂だね」と。事前に調べた通りだ…。四十肩五十肩とは違う状態。「一応レントゲンを撮っておこうか」と。

レントゲンの撮影中「ガンガンにやってるでしょ?よく我慢できてたね〜。そこまでしてやりたい?走るだけとかにしておいたら。」などと言われつつ。嫌味な感じではなく、”江戸っ子"的なノリの医師。

程なく出来上がったX線フィルムを見て、「当たり前だけど」との前置き付きで、「老人性にありがちな軟骨が擦り切れて骨自体が変形しているような事はない」。先日、息子からは「腱板断裂だとしたらX線でははっきりと写せないから、多分MRを撮ると思う」と。その通り、「まずはMRを撮ってどうするか、考えようか」との診断。

隣の薬局で薬をもらったその足で、紹介状をもらった立川のメディカルセンターまで。MR撮影。今日の休暇のうちにできることはすませておきたいと。

久しぶりのMR。狭いとこ苦手な自分にとっては、始まってすぐが緊張。視界に機械の外は入っているし、落ち着いてしまえばうとうとするほど気楽な検査。20分ほどいろんな音がガンガン鳴り響いて終了。結果は直接整形外科へ郵送とか。

週末に再診。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腱板断裂の記録@ - やっぱり、の... きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる