きまぐれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 投資関連の記録

<<   作成日時 : 2018/09/27 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.ETF手じまい
・日本企業の力を詰め合わせで買う感覚。ピーキーな動きは少ないけれど、じっくりとしたためるにはわかりやすい商品。
・年初の下落時に数ヶ月に渡って分散購入したETFは、最後に残った端数を自民党総裁選直後の上げで売りきって、全て手仕舞い。まだ上げる要素は残っているとは思いつつ、素人なりに買い/売りともにまずまずのタイミングだったかと。
・国内の企業業績的/景気的には上げムードではあるものの、通商・防衛を中心とした日本の対外的な課題や日本が直接的に関与していない国際的な火種が複数あって、報道等の影響で事故的にポンと下げてもおかしくないと言う認識。当面は貿易周りの火種 (+ 極東地区の政治動向)を中心に見ていくかな。
・国内は、本質的な政治の不安定さは当面考えられないけど、主要な経済指標や中期的には消費税上げに向けた動向を気にしておくか...。当面は、次の押し目を待つ。

2.配当+株主優待で物色
・ゼロ金利政策下、ある程度の業績があれば(そして会社が破綻しなければ)一定の配当をしてくれる企業の株は、庶民にとってストック収入としてありがたく。
・ETFのエグジットと並行して、配当に注目して銘柄物色。外食産業大手の株を2回に分けて購入。
・銘柄を選んだ理由としては、株主優待も使い勝手がよさそうなところ。配当利回り2%半ば、優待利回り3%半ば。キャピタルゲイン狙いというよりは、しばらく持っておいてもよいかなという動機。今のところ値動きも順調。

3.不祥事企業を物色
・元為替チーフディーラーだったという駐在時代の支店長が、むかーしむかし投資についてあれこれ雑談をしてくれていた。あるとき野村証券で不祥事が起きて同社の株がポンと急落した時に「これは買いのタイミングかな」とか言っていたような...。「絶対に持ち返すよ、野村だから」と。
・「狼狽売り/センチメント売り」と「倒産に至る程度のリスクか/ベースの業績はどうなのか」との天秤。通常の購入よりはリスクを取る形になるので今までは手を付けずにいたけど、ここに来て何銘柄買ピックアップして一部は仕入れに至ったところ。

(1)賃貸アパート運営
・過去に施工した多数の物件の不備他がテレビ報道をきっかけに大々的に指摘された会社。今年前半から半値レベルまで下落。
・ただ、起きた課題に対しては少なくとも表面上は迅速に且つ真摯に対応している向き。また、必要とされる修復費用についても既に引当て済み。業界トップではないものの財務内容は安心感あり。配当利回りはそこそこ、また無配となる程度の業績への影響はないかなの素人判断で。これも購入後1か月の値動きは順調。

(2)金融
・世間的に大きな問題・話題となった某地方金融機関。これも株価は暴落レベル。かなり落ちたな、というところで一旦購入。下落は止まらず、追加でナンピンを入れたもの。
・良くも悪くも規制業種。地元経済や他の金融機関への影響を考えると株が紙切れになってしまうことはないかな、行政がソフトランディングに向けた動きをとるかな...、と楽観的な動機。まだマイナス採算だけど、情報的な膿は出し切ったような気がしていて、例えば「創業家の影響力の低下」「行政の調査」「立て直しの施策」とかの断片的なニュースの度に「ポンと上げては、少し下げ」が続いているところ。足元は配当を取りやめてしまうかも...、だけど、ゲーム的に今後の動きが楽しみ。

(3)建設
・これは思っていたところまで株価が下がらず買いそびれた(ている)ゼネコン銘柄。東京都下で大きな火災事故を起こした直後に大々的に報道された会社。
・企業規模に比べてインパクトは小さいということなのか、指し値まで下がらずで、現在まで購入できず。もう下がらないかな...。しばらく値動きを追う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投資関連の記録 きまぐれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる